ブログトップ

回避無宿

また会う日まで

おー、

ヱヴァ:破、2回目行ってきたですヨ。

今回の目的は・・・・

1: 内容は判ってるので、細部を見る。

2: セリフのチェック。

3: 前回、腑に落ちなかったところの再確認。

4: マリ派のオレとしては、某アニメ雑誌に載ってた「マリが、メガネを外すとこがセクシー」というコメントに、そんなシーン全然記憶になかったので、要再確認。

といったとこなのデス。


で、1ですが、レイの手料理サプライズパーティーの詳細。
レイの部屋が会場で、部屋には座卓が置いてあって、お茶碗が画面では4個確認できるのですけど、それ以外の食器が無い。
レイが連行前に作っているのが、大きな鍋(寸胴)で、少し吹き上がっているところから、料理の正体は味噌汁だと推測される。
すると、パーティーの料理は味噌汁だけなのか?w
彼女らしいといえばそうなんだけど・・・・?

マリが2号機を動かせたのが不思議だったのですけど、事前に2号機が封印される際、アスカの
「私しか動かせないのに」
といったセリフに対してリツコが、
「搭乗者を限定する兵器なんてない。バックアップは取ってあります」
と、はっきり言明していた。

トウジが、第10使徒襲来の際、ヒカリと思われる少女を体を張ってかばっている描写がある。
今後の伏線か。

ネルフの施設内に、ローソンがある。

アスカの遊んでいる携帯ゲーム機の起動音に、聞き覚えがある。
自分も持ってたはず・・?




2ですけど、セリフの聞き違いを数点確認しました。

レイの有名なセリフ、「私が死んでも~」は、
「私が居なくても、代わりは居るもの」
でした。

その後のクライマックスで、シンジの「来い!」の前のセリフは、
「綾波、手を・・!」
でした。
ここは、以前の記事で間違えて書いてありますナァ。

同じく記事で間違えて書いてるところは、アスカが女としての先輩としてミサトと会話するシーン(ここスキ)で、ミサトのセリフは「楽しいことに満ち満ちてる」でした。



しかし、シンジがレイを救うクライマックスは、何度見てもナミダが出ますよ。

「綾波を返せ!!」

以下の展開は、エヴァとしてベタなのですけど、

レイ 「私が居なくても、代わりは居るもの」

シンジ 「綾波は、綾波しかいない!!」

シンジ 「くぅぅぅ・・・」

シンジ 「綾波、手を!」

レイ 「はっ・・・・」

シンジ 「来い!!」

私の代わりは居るもの・・と言う少女に対して、綾波は綾波しかしない! と断言する少年。
これで決まりデスナ。

シンジって、けっきょく誰が好きだったの? てのが、これまでのシリーズを通してのファンの想いだと思うですけど、ここでは明確になってますよナ。
少なくとも、アスカよりは比重が高いですよナ。

そんなファンの想いを補完してるところが、シンジがカッコよく見える理由なのかもですヨ。

あと、絶対書いておきたいのが、シンジ役の緒方さんの演技の素晴らしさですヨ。
このシーンだけで、アカデミー賞ものですヨ。

3と4については、またの機会にするデスよ。
[PR]
by roran | 2009-07-31 02:25 | ザツダン