ブログトップ

回避無宿

Lola T260 最終型一歩手前w

おー!

ホント、ちょー久しぶりに模型を完成まで持って来れたので、ここで見せびらかすことにした、もんしろサンですヨ。

完成させたのは、こりだ!! ↓
d0040296_330595.jpg

イギリスのマーシュモデル製1/43スケールレジンキットより

カールハースレーシング ローラ T260
'71年Can-Am第9戦ラグナセカ 2位
ジャッキー・スチュワート


ドライバーのジャッキーおじさんは、この年のF1チャンピオンでもありますヨ。

後に、【サー】の称号も得た、モータースポーツ界の重鎮サマであらせられますですヨ。


F1のチャンピオンが、ヨーロッパ中心のF1と並行して、アメリカやカナダで行われるシリーズのCan-Amに参戦してたのですカ!?


ほいほい、この頃は、そういうことも普通に出来た時代だったのですヨ。

d0040296_4121083.jpg

お弁当箱みてーな四角いボディーから、ちょー後付け感丸出しでハミ出してる前後のウイングが印象的なマシンですヨ。

でも、最初からこんな形状ではなかったのデス。。

d0040296_4201065.jpg

右側が、'71年のシリーズ開幕直後の第2戦
セントジョビートでの優勝した時のマシンの形状なのです。

開発当初は、こんなにもコンパクトでしたヨw
(モデルは、マカオのメーカー完成品=スパークモデル1/43より。市場価格6000円くれーしマス)




すません。。

眠いんで、続きは後日ということでw
[PR]
by roran | 2012-12-17 06:32 | ザツダン