ブログトップ

回避無宿

ロータス77 1976年、日本にF1GPがやって来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

おー!

スカパー!で、KARASIA東京ドームを観て、ますますKARAが大好きになった、もんしろサンですヨw


今日は、web通販で定価の2/3で購入したミニカーの紹介ですヨ。
d0040296_3263256.jpg

スパークモデル外部別注品1/43 ロータス77 開幕戦ブラジルGPリタイヤ ロニー・ピーターソン

おー、このミニカーは最初からJPSタバコのデカールが貼ってありますヨ。

でも、一部位で、気泡があったり欠けがあったりしていますナw

まー、その分お安くなってるのでしょうけどナww
d0040296_3354833.jpg

モデルは、先日記事にしたマリオのロータス77と同年の、一戦(開幕戦)限りのチームメイト、ロニー・ピーターソンのマシンですヨ。

先日の記事にも書きましたが、ロニピーはこの開幕ブラジルで、走らないロータスを見捨てて、古巣になるマーチに移籍してます。

しかし、当時のマーチは、ロータス以下。。

逆に、ロータスは地道に改良を重ね、なんとか現状維持をしてみせます。

d0040296_3493735.jpg

2年後の'78年に、ロータスにカンバックするロニーですけど、その時は、アメリカのグッドイヤーの息の元で、イタリア系アメリカ人のマリオをチャンピオンにするべく、「チームに協力しなさい」というのが絶対条件だったらしいですヨ。

d0040296_415732.jpg

当時のロニーを語るインタビューで、マリオは、

「あんなに、ゆっくりと英語を話すヤツは初めてだ」

と言っていますヨ。

また、

「オレの、ベストパートナーは、ロニー以外にいないね」

とも言っています。

ファンサービスに長けるマリオらしい発言ですけど、こんなエピソードも残っていたりしますヨ。

当時のジャーナリストのひとりが、ロニーに取材しようとして、彼に近づくためにロニーの趣味である熱帯魚の飼育を付け焼刃で覚えて、彼に近づきました。

そして、熱帯魚の飼育が上手くいかないみたいなこと(ウソの世間話)を交えながらインタビューを完了したのです。

ジャーナリストは、この時点で記事が完成してるので、あとはどうでもよかったらしいのですが、それから数戦の後、たまたまパドックでロニーと鉢合わせた彼は、一生の後悔を覚えるのです。


「やあ、この間はどうも。君に渡したいものがあるんだ。この餌を食べさせてみるといいかもね」

そう言ってロニーは、わざわざ自身のモーターホームまで戻り、熱帯魚の餌を取って来てジャーナリストに手渡ししたのだそうです。

特に親しい訳でもない、ただ取材する側である自分の、嘘で飼ってもいないペットに対して、こんなに真摯に対応してくれるロニーに彼は、胸が痛かったんだそうです。
アタリマエだよナ。
d0040296_3471033.jpg

モデルは、ロニーのお馴染みのヘルメットの黄色いバイザーの塗装が酷いので、そのうち修正してあげますカ。。





尚、'76年は、初めて日本でF1GPが開かれた年でもありました。

レースで大火傷を負って、生死の境を彷徨いながら、復活を果たしたニキ・ラウダの伝説もこの年です。

そのラウダと戦って、日本でチャンピオンを決めたのがジェイムズ・ハントでした。

また、歴史に残る珍車、6輪タイレル(今で言うティレル)の登場もありました。

現代のF1のそれより、はるかに巨大なエンジン真上のインダクションポッドが流行ったものの、すぐにレギュレーションで大きさが制限されたりもしています。

そんなシーズンを、ワタクシのコレクションで一気見してみましょうw

d0040296_415214.jpg

シーズン開幕直後の我がフェラーリは、前年の312Tを使用。

#1がラウダ、2がクレイ・レガッツォーニ。
d0040296_416493.jpg

第4戦スペインGPから登場の312T2。

ワタクシのF1原点は、このマシン312T2ですヨ!

当時9才の、ちょーちょー可愛いオレww
d0040296_419544.jpg

そして、シックスホイーラーたち。

ドライバーは、#3がジョディー・シェクター、4がパトリック・デュパイエ。
d0040296_4203884.jpg

チャンピオンのハントのマクラーレンM23と、ロータスを飛び出したロニーのマシン、マーチ761。
d0040296_4213164.jpg

これでもかっ!な空気吸入口のリジェJS5のドライバーは、フレンチのジャック・ラフィー。

ドライバーフィギュアが無いけど、黒いロータス77は、日本GPを制したマリオのマシン。


おー、ショーケースから出すのが面倒なので、そのまま撮っちゃったですヨww

軽く、自慢もしてるのは勿論のことですヨ!ww
[PR]
by roran | 2013-02-04 03:50