ブログトップ

回避無宿

あと、2つ

おー!

今回は、F1とミニカーのお話なのですけど、時間がないのでいつものように掘り下げずに、スルっといっちゃいマスよw

先日、ワタクシがwebで購入したミニカー ↓ ↓ ↓
d0040296_4145977.jpg

我がスクーデリア・フェラーリの地元イタリアでは、日本で言うキオスクなんかで売られている、所謂スポーツ新聞【ガゼッタスポルト】の別冊版で、1/43スケールのミニカーがオマケで付いてる雑誌【フェラーリF1コレクション】より、1986年型F1-86 ステファン・ヨハンソン

ヨハンソンさんは、フェラーリ在籍は'85~'86年の2年でしたが、'85年の開幕戦を、フェラーリに乗って4位で終えたフランス人ドライバー=ルネ・アルヌーさんの、F1史に残るナゾの解雇事件のあと、第2戦からフェラーリのピロータとしてマラネロに迎えられた、現在までワークス・フェラーリ・フォーミュラ・ウーノの唯一のスウェーデン人ドライバーですヨ。

フジTVがF1中継を始めた頃、ファンの間では評価が最悪だった古館アナウンサーが、

「通せんぼジジイ」

とかあだ名を付けたのが、上述のアルヌーさんでしたナw

やれやれ、、、

でも、オールドファンには、ジル・ビルヌーブのフェラーリと歴史に残るドッグファイトを演じた、'79年のフランスGPの2位争いでの、実験作ルノー・ターボを駆ったアルヌーが基本なので、古館アナが嫌われるのは仕方ねーのですヨw

この時の2位争いでの、ジルとアルヌーの最終周回まで続いた抜きつ抜かれつの攻防は、当時大いにファンを盛り上がらせた一方、

「順位が大方決まっている状態なのに、あんなにハードな接近戦はリスクが高過ぎる!」

と、批判を浴びせる人たちもいたそうです。。


そんな連中に、前年度のチャンピオンでベテランの域に入ったマリオ・アンドレッティが、イケてるコメントをしました。

「若いライオン(ジルとルネのことねw)同士が、じゃれあっているだけだろ(笑)」

(解説 ファンが喜んでるのに、つまんねーことグタグタ言うんじゃねーwあほ! という意味があります)

この件はそのまんま、自転車レースを題材にした【シャカリキ!】という漫画のクライマックスで、作者が敬意を持って再現していますヨ。

この漫画、ワタクシは、ちょー大好きですヨ!!




ハナシが逸れまくりましたが、タイトルの「あと、2つ」とは何ぞね??w


おー、そりはナ、

今回紹介した、F1-86を手に入れたことによって、ワタクシのフェラーリF1コレクションが、あと2台でパーフェクトになる
(フェラーリが創設されてからの、1948~2012年の間にフェラーリが作ったF1マシンが全て揃う!)
ということなのですヨ。

欠けているのは、フェラーリ初のF1マシンとされる

1948年型 125F1

と、

1973年型 312B3

の2台なのですw

これらは、今年中には日本でも発売になる予定があります!w


ふははは!


全部揃ったら、このブログで見せびらかしてやるゼ!!w

多分その頃には、我らがエース=アロンソが、F138でチャンピオンを決めていることだろうナ!!w

あはははは!!
[PR]
by roran | 2013-03-01 06:05 | ザツダン