ブログトップ

回避無宿

ガソリンの耐えられない重さ

おー、

昨日、久しぶりにクルマのガソリンを満タンにしましたよ。
ガソリンの価格が安定しなかったので、ちょっとずつしか給油していなかったのです。

今は片道20分の通勤にクルマを使っているのですが、補給警告ランプが付いてから、3000円分入れるとかいうカンジで過ごしていたのです。
これを続けていたので、ガソリンはいつもタンクの半分以下のレベルを行ったり来たりの状態でした。

で、その状態で走ることに慣れていた今日この頃。
久しぶりに満タンに入れたのですが、走り出した途端、
クルマが重~っ(汗

詳しくは分からないですが、ヒト一人分重くなった感じですかな。
今までは気にしたこともなかったけど、こんなに違うものとは・・
改めて感じた次第ですよ。

やっぱ、これまで通り少しずつの給油の方が、クルマの走行フィール的にはいいかなー・・
とか思って、昨日給油したいつものスタンドの前を通り過ぎると、あらあら。
ガソリンの価格が下がってる・・・(怒

まー、こんなものですよナ。



オレもインディーブルーのプリウス欲しいなぁ。
現行型は、屋根のデザインがスポーティーでお好きですよ。

来年フルモデルチェンジらしいけど、現行型のデザイナーは、おそらくきっと、アルピーヌ・ルノーA310からフォルムのヒントを得たのだと思うですよ。
とくにリヤタイヤの上のマスの重さ加減に、A310のオーラを私は感じますよ。

A310とは、エヴァンゲリオンで葛城ミサトさんが乗ってるクルマですよ。
ミサトさんのA310も、電気自動車という設定だそうですよ。

今はハイブリット車やモーターカーに興味がアリマスよ。
[PR]
by roran | 2008-08-13 19:09 | ザツダン