ブログトップ

回避無宿

ダバダバダ、ダバダバダ、ルルル~

おー、

大変ですヨ。

国際自動車連盟FIAによる、F1におけるエンジン統一案構想というのがあるのです。
今は、色々なメーカーがエンジンを供給してるのですけど、コスト削減のために供給メーカーを統一させるという提案なのですよ。

期限は2010年からということなのですが、もしこれが実現すると、我がフェラーリは、ナントナント「F1から撤退する」とかヌカしやがりましたよ。

まったく人騒がせな連中ですよ。
フェラーリのいないF1なんて、考えられねーですよ。

以前、かの名門ランチアが、WRC(世界ラリー選手権)から撤退した時を思い出すじゃねーですか。
デルタの開発を、プライベーターのジョリークラブに任せてからというものの、成績が低迷・・
挙句、FIAはトヨタにも難癖付けてWRCから追い出す始末。
結果、WRC自体の衰退を招きましたよナ。

まー、それとは事情がチョト違いますけど、例えるなら『座頭市』から勝新が「オレやーめたぁ」とか言って抜けちゃうのと同じですよ。
WBCに、アメリカが参加しねーのと同じくらいのことですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でもでも、このニュースの実現度は、極めて低いと思いますよ。

まー、フェラーリによる、彼ら一流のFIAへの圧力ですな。
そしてそれが許されるのも、フェラーリなのですよ。

スポーツに公平なんて、今や、ねーのですよ。
てか、公平なんて言葉自体、過去の産物ですよな。

これからは、我々は、こんな時代を生きていかなくてはいけねーのですよ。
[PR]
by roran | 2008-10-29 01:11 | ザツダン