ブログトップ

回避無宿

ナキウタ?

おー、

先日、久しぶりにTVを見ていて、泣ける歌=「泣き歌?」を紹介する番組があることに愕きましたよ。

私は基本的にTVメディアを信用していないので、お笑い番組とかでも、スタッフのわざとらしい笑い声が入っているバラエティーなんかは大嫌いなのです。

笑いを強要スルナ!

これと同じ心理が作用しますよ。

泣きを強要スルナ!!



でも
「涙はココロの汗さー♪」
とか言う歌の歌詞には、その通りだとも思うのです。
汗は、たまにはかかないとイケねーのです。

そんな時、見たくなるのがTVドラマ『Dr.コトー診療所』第8話
コトーファンの間では有名な、「あきおじ」の回ですよ。

これは何回見ても、泣けますナァ。



「コトーさま。

夏涼しくて、冬暖かい、
ワシの自慢は、西瓜と、藁草履。
人生、このふたつ!

あきおじ」

あきおじさんが、生前、コトー先生に宛てた最後の手紙の文面ですよ。

このドラマの脚本家は、ここだけで、後世に残る仕事をしたと思うデスよ。

決して、泣きを強要なんかしてませんけど、メチャメチャ泣けるのですヨ。
こういうところに、プロの仕事を感じマスよ。

うわーん
[PR]
by roran | 2009-02-02 01:41 | ザツダン