ブログトップ

回避無宿

2009年 01月 30日 ( 1 )

ワタシニ還リナサイ・・

おー、
ナニだか、私の人生でここ数週間、ここの存在というものがスッカリ忘れられていましたよ。

ブログは更新が命!・・だそうです。
回避無宿は、イノチを失いかけていましたナ。
まー、こういうこともあるものデスよ。

先日、雑誌か何かのエッセイで、「人の嗜好は、いつかは原点に還る」というようなことを読みました。
今の私の嗜好の大半を占めるものといえば、【F1】と【ミニカー】ですけど、ミニカーに関しては、物覚えついた頃から、手元には数台ありました。
それが、幼稚園の年長組や小学校に上がる頃には、宅急便100サイズくらいのダンボール一箱に溢れるほどいっぱい持っていたので、恵まれていたことは間違いないですナ。

トミカ、マッチボックス、ホットホイール(今のホットウィール)、マジョレット、ダイヤペット、エーダイ、サクラ、ソリド、コーギー・・・・以上憶えているメーカー名

ジャガーEタイプ、トヨタ2000GT、フェアレディー、ジープ、ビートル、シャパラル2、ポルシェ910、ポルシェ356、ロータスF1、フェラーリ312、バットモービル、マツダコスモ、キャデラック、パトカー、はしご消防車、ショベルカー等など・・・・。

ミニカーと同時進行で、ウルトラマン、仮面ライダーなどのソフビ人形にサンダーバード。
それらを一応卒業してプラモデル、ラジコン、漫画、アニメ、サッカー、オーディオ、モデルガン、映画、洋楽、スキー、クルマ(この辺りからミニカー復活)、自転車、自作パソコン・・・・

そして今は、無意識の内にも、小さい頃と同じくミニカーに囲まれてる日々。
こうやって振り返ると、やっぱ、還ってきてるのですナァ・・。

なんで今更こんなこと書いてるかといいますと、北京オリンピックを契機にミニカーの原材料が高騰しまして、ミニカーの価格が上がっていく一方なのでアリマスよ。
以前は3000円前後で購入できたレベルのものが、今では5000円前後まで値上がりしています。
決して収入が増えている現状ではないので、正直厳しくなってきて、コレクションを止めようかどうか考えていたところだったのです。

でも、私がF1を好きになるきっかけとなったマシン・・
d0040296_432094.jpg

フェラーリ312T2 ニキ・ラウダ
のミニカーが最近発売になりました。

後方の写真は、312T2現役当時の少年誌の付録のものですが、大火傷から復帰したラウダの伝説と一緒に、かっこよくて毎日眺めていたことを思い出しました。
私のF1の原点の一つともいえますナ。

F1マシンというのはご存知のように、レースごとに細かく姿を変えているものです。
私にとっての312T2は、この写真の姿がオリジンなのですけど、実は、複数所有しているT2のミニカーに、この写真の仕様のものはなかったのです。
それが、コレクションを始めて十数年・・
止めてしまおうかどうか迷っている時期になって、今ようやく手元にやって来た。

ナニだか、新谷かおるの漫画で、主人公が傭兵の借金まみれの戦闘機パイロットで、偶然の事故からその環境より脱出できたと思ったら、目の前に現れたのは「88」という数字の滑走路・・・
そんなのありましたよナ?
あれは悲劇でしたけど、私の場合は、もうこの世界に居なくちゃ他にはなんにもねーんじゃないかと感じた次第なのですよ。

大袈裟ですけど、なーんか、ふと思ったのデスよ。
d0040296_4555422.jpg

でもまー、趣味が辛いんじゃー本末転倒ですので、なるべく負担にならねーようにやっていこうと思っていマスよ。



312T2は、ラウダにとってフェラーリ最後のマシン。
彼の後釜が、あのジル・ビルヌーブ。

そして三十数年の時が過ぎ・・・・
d0040296_561659.jpg

エッフェセッサンタ!
[PR]
by roran | 2009-01-30 01:24 | ザツダン