ブログトップ

回避無宿

いま、壁を越えていきます。

昨日、お部屋の収納の中を片付けました。
お決まりの、必要ないものがたくさん出てきましたので、その中から本を処分することにしたのです・・・

さあ、今日は片道45分かけて古本屋(古いゲームソフトなんかも置いてある)へ売りに行こう!

と思って、朝起きて顔を洗っていると・・・
ゴーッ  ガガガガガ・・・

「ん?」
「除雪車か」

ゴーッ  ゴガガガガガガガ・・・

「OH NO-!」(訳 ワシが出かける先で何しちょんじゃあボケぃ!)

d0040296_14471229.jpg

見事に速攻で道路の雪を削って行きやがりました。

私が住んでいる町でやっている除雪車両を使った排雪作業は、各町内の道路ごとに業者に依頼をしてやってもらってるのですが、これが何時するとかの告知なんて一切無し。
毎度いきなり始まっちゃいます。
(雪のシーズン初めに、何時から何時までの間に何回して下さいってカンジの契約のため、実作業は業者の都合次第なのです)

作業の手順は、まず大型のバインド板(雪を削る鋭利な板状のもの)が付いた車両が、道路に積もってる雪を削ります。
すると削られた雪のために、道路の中央と両脇に雪の山が出来上がります。
そしてその山をかき集める機能を備えた車両と、かき集めた雪を積んで運ぶダンプカーがやって来て、山のように盛り上げられた雪を全部持って行くといった流れになります。

その作業を、これから出かけるって時に始められちゃいました。
車庫からクルマ出せないよー。
たとえクルマを出せても、道路は順番待ちのダンプカーと作業車両でいっぱい。
私の家のある区画からは出られませんよー。

作業は大体1時間から2時間くらいかかります。
しかも今回の担当業者は、ちょーヘタクソ。
近所の人たちも、
「ここ雪が残ってるぞ」
「うちの前に雪の塊、置いていかないで」
などとブーイングのアラシ。
その内、わっさわっさと大粒の雪まで降ってきましたよ。

「あー、ぜんぜん終わんねー。出かけるの辞ーめた」

今日はおうちでお勉強でもしてましょう。
雪国ってこんなカンジですよ。
[PR]
by roran | 2007-01-29 15:20 | ザツダン